トップページへ戻る
2018年8月22日(水)号 1面
★ホテルなどで改修・建替検討 大規模建築物の耐震対策
対応未定は南部病院など 3ホテルで実施時期変更


  県と那覇市は昨年7月に発表した要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断結果とその対応について、現在の対応状況などを8月10日付で公表した。県では、最初の発表から約1年が経過したことから状況を把握するため調査したという。昨年の状況から変化があったのは、県発表分でホテルムーンビーチなど3ホテルにおいて実施時期に変更があった。那覇市発表分(前回の更新は今年3月30日時点)では、ノボテル沖縄那覇(旧沖縄都ホテル)が耐震改修工事を実施し、耐震性を確保している。今回、県や那覇市が発表した対応状況で未定となっているのは、南部病院、名護市役所本庁舎、那覇市民会館の3施設だった。(続きは紙面をご覧ください)
 

週刊沖縄建設新聞  購読ご案内
width=403
width=219
  ・一般記事
  ・分析記事
  ・建設レポート
  ・人物インタビュー
  ・現場訪問
          ・・・など
width=241
年間購読料
¥30,000+消費税
<FAXでのお申し込み>
・「FAX専用申込み用紙」を開いて印刷して下さい。
・必要事項をご記入の上、FAX番号 098−863−8426へお送り下さい。