トップページへ戻る
2018年5月16日(水)号 2面
★駐留軍用地 公共事業進捗に支障
共同使用などの協力を県が要請


  県の謝花喜一郎副知事らは10日、那覇市久米の外務省沖縄事務所に川田司特命全権大使を訪ね、公共事業を実施する上で支障となっている駐留軍用地の一部返還の迅速化や、県内米軍施設で実施される工事のパフォーマンスボンドの軽減などを要請した。(続きは紙面をご覧ください)
(写真説明)川田大使(左)に駐留軍用地の一部返還の迅速化など要請する謝花副知事(右)ら
 

週刊沖縄建設新聞  購読ご案内
width=403
width=219
  ・一般記事
  ・分析記事
  ・建設レポート
  ・人物インタビュー
  ・現場訪問
          ・・・など
width=241
年間購読料
¥30,000+消費税
<FAXでのお申し込み>
・「FAX専用申込み用紙」を開いて印刷して下さい。
・必要事項をご記入の上、FAX番号 098−863−8426へお送り下さい。