トップページへ戻る
2017年4月25日(火)
★三和総合設計JVが4122万余で落札
市文化・平和・観光振興センター基本設計−糸満市
 糸満市政策推進課は24日、(仮称)糸満市文化・平和・観光振興センター建設に係る建築基本設計業務(その2)を入札、(有)三和総合設計・(有)大幸設計事務所・屋プランニング設計JVが4,122万2,000円で落札した。税抜き設計額は4,580万円、同制限価格は3,900万7,860円だった。設計期間は11月30日まで。
 今回の業務では、建設予定地を旧県水産海洋技術センター跡地から市役所東側の市民会館予定地(約7,315)に変更、施設規模も当初の7,450崢度から約5,660屬暴名した見直し基本計画を基に、施設の基本設計を行う。
 今後のスケジュールでは、基本設計を今年度内で取りまとめたあと、平成30年度に実施設計、31年度から1期、32年度に2期工事に順次着手し、33年度には一部施設を1次オープン、34年度のグランドオープンを目指す。
 市では、当初計画していた建設予定地の用地取得費や施設規模等から財政負担が大きくなるとして施設計画の見直しを進めていたが、今後、複合・多機能型市民会館となる同センター建設の趣旨目的は継承し、建設に向けた作業を本格化させる。なお、見直しによる建設費は45.5億円に圧縮される見通し。
2017年4月24日(月)
★本体工事を10月にも一般公告
てだこ浦西駅パークアンドライド整備−県土木建築部
 県土木建築部では、沖縄都市モノレール・てだこ浦西駅の北側隣接地に計画しているパークアンドライド駐車場の本体工事を10月頃にも一般競争入札で公告する。発注方法は特別簡易型で、建築特A等級を代表にしたJV構成を予定しているが、今後、内部調整等を経て発注仕様や入札時期を決定する。工事は、議会承認を受けた後、順次着手。工期は15ヶ月(約450日間)を見込んでおり、モノレールが開業する平成31年春頃の運用を目指す。また、関連の外構工事も10月頃に一般競争入札を公告。発注方法は特別簡易型で、土木特A等級の単体。工事は6ヶ月(約180日間)となっている。 施設概要は、敷地面積9,800屬法S造4階建て・延床面積2万4,000屬4層5段構造で、収容駐車台数約1,000台の規模。駅にアクセスする浦西停車場線(延長約580m・幅員19m・2車線)と宜野湾南風原線の2ヵ所(地上階と最上階)に出入口を設置する予定。 同施設は、モノレール延長整備に伴い交通アクセスを促進する施設として新設するもの。駅に隣接し自動車のスムーズな乗継ぎが可能なほか、沖縄自動車道にも近接していることから、都市部及び観光地の交通渋滞緩和や更なる利便性向上などが期待されている。総事業費は約24億円。基本計画策定業務と外構設計は(株)ワールド設計、基本及び実施設計は(株)ワールド設計・(株)秀建設計・(有)カイ設備JVがそれぞれ担当。
 
■その他のトピックス
●泊地浚渫工を第2四半期に発注へ
 中城湾港新港地区西ふ頭 - 沖総局開建部
●建築工事に延べ30社を予備指名
 プロ・サッカーキャンプ受入施設 - 南城市
●にぎわいゾーン基本計画をプロポ公告
 浦添前田駅周辺整備 - 浦添市
●漲水地区-10m岸壁の細部設計を公告
 国際クルーズ拠点整備 - 平良港湾事務所
●新築工事を仲本工業で一括施工
 ザ・ビッグ西原店移転 - イオン琉球
●一般競争2件を公示
  - 第11管区海上保安本部
関連記事あり
●一般競争(事後)・総合評価(拡充版)を公示
  - 県土木建築部
関連記事あり
●簡易公募型を公示
  - 総合事務局那覇港湾・空港整備事務所
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価を公示
  - 総合事務局平良港湾事務所
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価を公示
  - 総合事務局石垣港湾事務所
関連記事あり
●一般競争・総合評価6件を公示
  - 沖縄防衛局
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県警察本部
関連記事あり
●公募型プロポを公示
  - 浦添市観光振興課
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 総合事務局那覇港湾・空港整備事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 沖縄防衛局
関連記事あり