トップページへ戻る
2017年11月13日(月)
★設計を経て来年度から本体着工
嶺井団地建替え整備事業−県住宅供給公社
 県住宅供給公社は、施設老朽化のため建て替えが計画されている嶺井団地の本体工事に30年度から着手する。現在、早期着工に向けて基本・実施設計業務を進めており、設計完了後、来年10月頃にも一部解体工事に着手する予定。本体は、解体撤去を経て順次着工。完成は32年度内を目指す。
 新団地の規模は、RC造10階建て程度を想定。総戸数は最大で104戸。間取りは1LDK・2DK・2LDK・3LDKの4タイプで、専有面積36屐58崢度を計画。また、集会施設やエレベーター設備のほか、屋外部分に1戸あたり1台程度の駐車場や駐輪場の設置も予定しているが、規模や階数、戸数、配置計画など詳細は、現入居者の意向を踏まえながら設計作業の中で具体化させる。
 嶺井団地(南城市大里字嶺井地内)は、昭和48年に建設され、築後44年が経過。コンクリート躯体や設備機器の老朽化、耐震性に不備があることから、平成25年度に国土交通省が創設した地域居住機能再生推進事業を活用して建て替える。なお、現団地の規模は、敷地面積が8,748屐建物がRC造4階建ての住宅棟4棟構成で、総戸数104戸、全戸2LDKタイプ(専有面積41.23)となっている。基本・実施設計は(株)都市建築設計が担当。概算事業費は約18億円を見込む。
 
■その他のトピックス
●整地と雨水幹線工を来月にも発注
 多目的アリーナ本体は来年度 - 沖縄市
●基本設計にトロピカル・グリーン特定
 美里第五公園設置事業 - 沖縄市
●一般競争を公示
  - (独)日本芸術文化振興会
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 沖縄気象台
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 県土木建築部
関連記事あり
●一般競争(事後(自己評価))・総合評価を公示
  - 県南部土木事務所
関連記事あり
●一般競争(事後)・総合評価を公示
  - 県中部土木事務所
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県下水道事務所
関連記事あり
●公募型を公示
  - 名護市都市計画課
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 名護防衛事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県文化観光スポーツ部
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 沖縄県中央卸売市場
関連記事あり