トップページへ戻る
2018年3月9日(金)
★4工区舗装をWTOで公告5月25日開札
那覇空港滑走路増設−沖総局開発建設部
 沖縄総合事務局開発建設部は8日、WTO対象の那覇空港滑走路増設4工区舗装等工事の一般競争入札・総合評価を公告、27日まで申請書等を受け付けたあと、5月25日に開札する。参加資格は、単体又は特定JV構成で、単体と代表者は空港等舗装工事の経営事項評価点数が950点以上。また、空港において基本施設のアスファルト舗装(1件工事で36,000岼幣)を施工した実績があること。構成員は同800点以上で、アスファルト舗装工事の施工実績があることなど。
 工事概要は、アスファルト舗装工約5万1,800(滑走路:約2万1,500・誘導路:3万300)やコンクリート舗装工約1万4,000屐∨篶工約8万5,000m3、小型水路工一式、ケーブルダクト工約1,670m、付帯施設工一式、緑地工一式など。工期は平成31年3月25日まで。
 同滑走路増設は、現滑走路から西側沖合に公有水面約160ha・埋立土量約1,000万m3を埋立て、L=2,700m×W=60mの第二滑走路を新設するもの。工事は平成31年末に完了させ、32年3月末の供用開始を目指す。総事業費は約1,993億円、大阪航空局分を含む30年度関連予算(案)は345億円(うち国費330億円)が計上されている。
 同部では、今回の工事のほかに同1工区埋立工事(発注規模30〜50億円)についても一般競争入札(WTO対象)で近く公告する予定で準備を進めている。
 
■その他のトピックス
●仲本工業が3億7133万円で落札
 処分場第二区画地盤改良 - 南部広域組合
●PC軌道桁製作施設の設備売却へ
 14日から事前見学 - 県都市モノ事務所
●児童クラブ活用プロポ手続き開始
 整備促進や質向上を目的に実施 -
●一般競争・総合評価(WTO対象)を公示
  - 総合事務局開発建設部
関連記事あり
●一般競争(事後)・格競争を公示
  - 県土木建築部
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県企業局
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 県住宅供給公社
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価を公示
  - 総合事務局開発建設部
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 県土木建築部
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県総務部
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 総合事務局開発建設部
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 総合事務局総務部
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 環境省那覇自然環境事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 名護警察署
関連記事あり