トップページへ戻る
2018年5月18日(金)
★18社予備指名、来月1日入札へ
文化平和観光振興センター実施設計−糸満市
 糸満市政策推進課は、(仮称)糸満市文化・平和・観光振興センター整備に係る建築実施設計業務に延べ18社を予備指名した。3社構成6JVからの協定書を25日まで受け付けたあと、6月1日に入札する。税抜き設計額は9,285万5千円、業務期間は12月28日まで。また、同センター展示実施設計業務についても、単体発注で近く、指名通知を予定している。
 同施設は、市役所南東側の敷地面積1万3,947屬烹劭誕ぃ崖建て・延床面積5,660峙模。内部は、会議・集会をはじめ可動式観客席を備えた大ホール(約600名収容)を設置した創造発信エリア、案内・管理運営を行う管理エリア、地域文化の情報を発信する地域発信エリアなどにゾーニングされた配置計画となっているほか、災害時の一時避難場所としても利用する計画。
 市では、今年度で実施設計を取りまとめ、31年度で本体工事1期、32年度で2期工事を順次発注し、33年度の1次オープン、34年度のグランドオープンを目指す。同施設整備は沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)を活用、今年度関連事業費として1億7,500万円(交付額1億4,000万円)が計上されている。概算事業費は約45.55億円を見込む。基本設計(その2)は(有)三和総合設計・(有)大幸設計事務所・屋プランニング設計JVが担当した。