トップページへ戻る
2018年6月13日(水)
★市庁舎耐震設計等4件取り抜けで入札へ
建築・設備コンサル構成で予備指名−宜野湾市
 宜野湾市は、今年度の主要事業となる〇堋舎本館耐震改修設計⊂男表隹翡仝貼伉ソ蟆築実施設計B膽嫐松学校屋内運動場・水泳プール増改築基本・実施設計−3件の指名競争入札に建築コンサルと設備コンサルの2社構成JVで延べ22社を予備指名した。6月20日にJV協定書提出を締め切り、6月27日に開札する。今回の3件以外に、(仮称)普天間交流拠点施設基本設計の入札も控えており、計4件で取り抜け方式を採用した。
 ,猟舎耐震設計は、昭和55年に建設された本館(RC3F/B1・約6,800)が対象。ブレース工法による補強のほか、アルミサッシや地階の受変電設備を更新するもの。工事は31〜32年度に実施予定。また、△硫翡仝貼伉ソ蟆築は、既存施設の老朽化に対応するもので、昨年度までに購入した現敷地の裏手用地に新施設を建設し、その後現施設を撤去する計画だが、詳細は設計業務の中で決めることにしている。敷地面積は約1,600屐新施設は、RC造2階建て・延床面積800〜900崢度。工事は来年秋に着手し、平成32年度までに全工程を終える予定。さらに、の屋内運動場設計は、計画規模をRC造2〜3階建てとし、水泳プールとの複合も含めて検討し設計をまとめる。工事は、来年度に既存施設解体と本体建築を順次発注し、平成33年2月の完成予定。
 一方、普天間交流施設設計は、普天間飛行場周辺まちづくり事業の一環で行われる。平和祈念公園(糸満市)にある平和祈念像の製作者である故山田真山氏のアトリエを改築して、新たに交流施設として整備するもので、計画規模はRC造3階建て・延床面積約3,800屬鯀枋蝓31年度に実施設計を行い、32〜34年度に用地購入等、35〜36年度に本体建設を予定している。
 
■その他のトピックス
●基本計画策定を公募型プロポ公示
 民俗資料館等整備計画 - 嘉手納町
●かみもり設計が3224万円で落札
 発達障がい児複合施設実計 - 浦添市
●基本計画を沖縄文化環境研究所が落札
 文化振興拠点施設整備 - 八重瀬町
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県中部土木事務所
関連記事あり
●一般競争(事後)・総合評価を公示
  - 那覇市道路建設課
関連記事あり
●簡易公募型プロポを公示
  - 総合事務局南部国道事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 大阪航空局
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県教育庁
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価を公示
  - 県北部農林水産振興センター農業水産整備課
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市上下水道局
関連記事あり
●公募型プロポを公示
  - 嘉手納町教育委員会
関連記事あり
●オープンカウンタ 2件を公示
  - 総合事務局那覇港湾・空港整備事務所
関連記事あり
●オープンカウンタを公示
  - 総合事務局国営沖縄記念公園事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 海上自衛隊那覇航空基地隊
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 海上自衛隊沖縄基地隊
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 第11管区海上保安本部
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 那覇市花とみどり課
関連記事あり