トップページへ戻る
2018年10月9日(火)
★建築2工区分割で今月一般公告
宜野湾高校舎棟1期建設工事−県土木建築部
 県土木建築部は、老朽化のために建て替える宜野湾高校校舎棟の第1期建築工事を10月中に2工区分割で一般競争入札公告する。発注方法は、各工区とも特A等級を代表者にした2社構成JVを計画。工事は、落札決定後、年内にも本体着工し、15カ月(約450日間)の工期を見込んでいる。また、関連の設備工事は、電気(A等級)、機械(管A等級)、昇降機(機械機具)に分離し、建築工事と同時期(3四半期)に公告する予定。
 新校舎棟の規模は、敷地面積3万9,722屬法■劭誕ぃ騎建て・総延床面積7,400崢度。施設内1階に校長室や保健室・美術室・図書館・視聴覚室、2階に化学室・職員室・会議室・多目的教室・普通教室、3階に進路室・書道教室・多目的教室・普通教室、4階に多目的教室・普通教室、5階に音楽室などを配置する。このうち1期では、校舎棟の東側部分を整備する計画で、工事概要はRC造5階建て・床面積4,423屬箸覆辰討い襦
 同校(真志喜2丁目25-1)の校舎は、経年による施設劣化が進んでいることから、生徒の安全性を確保するために建て替える。同部では、1期工事が完了したあと、平成32年度を目途に校舎棟西側部分の2期工事に着手し、34年3月頃の竣工を目指す。基本設計は(株)泉設計・リアル設計・(有)アカリ設計JV、実施設計は(株)具志堅建築設計事務所・(有)大成プラン・(有)安谷屋設備設計JVが担当。なお、建て替えが計画されている屋内運動場については、校舎完成後に順次着手する計画だが、今後、調整作業を経て整備スケジュールを決定する予定。
 
■その他のトピックス
●事前調査を12月末発注へ
 名護湾沿岸整備構想 - 名護市
●アークスタッフが4130万円で落札候補
 甲辰橋架替え実施設計 - 那覇市
●うるま市に3000屬療效麓萋
 デザート工場などを計画 - セブン
●国建が4090万円で落札
 村道勢高2号線実施設計 - 恩納村
●建築はナカムラ造園JVが落札
 中川第4団地新築整備 - 金武町
●一般競争・総合評価を公示
  - 総合事務局北部国道事務所
関連記事あり
●一般競争・施工体制確認型 3件を公示
  - 沖縄防衛局
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 陸上自衛隊那覇駐屯地
関連記事あり
●企画提案を公示
  - 県八重山土木事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - (一社)沖縄県バス協会
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 沖縄防衛局
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価評価を公示
  - 県都市モノレール建設事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - (一社)沖縄県バス協会
関連記事あり
●一般競争 2件を公示
  - 陸上自衛隊那覇駐屯地
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 大阪航空局
関連記事あり
●公募型プロポを公示
  - うるま市情報課
関連記事あり