トップページへ戻る
2018年11月9日(金)
★都市建築設計JVが3066万9千円で落札
高原団地建て替え基本設計−県土木建築部
 県土木建築部は、10月31日に開札した県営高原団地建て替え基本設計業務の結果を公表、(株)都市建築設計・T・武岡建築設計室・(株)設備研究所JVが3,066万9千円で落札した。入札には3社構成13JVが参加、このうち、3者が失格となった。履行期間は平成31年3月31日まで。
 同団地(沖縄市高原1-6)は昭和53年に竣工。築後40年が経過し老朽化が進んでいることから、現在、14棟で構成されている住棟(4階建て・戸数248戸・間取り2LDK・3DK)を3〜4棟程度に高層・集約化して建て替える。計画によると建物は、敷地面積3万4,497屬法■劭誕・総延床面積2万1,969崢度。総戸数は273戸。間取りは2DK・2LDK・3LDKの3タイプ。施設内に、エレベーターや集会所をはじめ、屋外に駐車場約276台や駐輪場、広場を整備する予定だが、棟数や階数、整備計画など詳細は設計作業の中で決定する。
 同部では、基本設計完了後、実施設計などを経て、32年度を目途に本体工事に着手。工事は、数期に分けて進める計画で、約7年間程度の建設期間を予定している。予定工事費は53億7,000万円。なお、建物の高層化に伴って創出した余剰地は、今後、関係者らと検討作業を行って活用方法を決定する予定。