トップページへ戻る
2019年3月18日(月)
★宮古島シティの大店立地法 県に提出
店舗新設日は21年6月1日に設定−サンエー
 (株)サンエー(上地哲誠社長)は、宮古島市平良下里地内に計画している(仮称)サンエー宮古島シティの大規模小売店舗立地法に基づく新設届出書を県に提出しており、15日付で新店舗の内容が公表された。
 届出書によると、開業日となる店舗新設日は2021年6月1日に設定。建物は、敷地面積2万9,140屬法■啾ぃ崖建て・建築面積1万7,623・延床面積5万3,015・売場面積1万2,649屬竜模。施設内1階に食料品や日用品を取り扱う食品館(2,276)、家電販売店(1,646)、ドラックストア(491)、化粧品売り場、テナントスペースなど、2階に直営の衣料品や物販、飲食店をはじめ、フードコートやイベントスペース、テナントスペースなどを配置。また、駐車スペースとして3階に313台、屋上階に416台、屋外に246台の合計975台を確保する予定。
 同店は、JTAドーム宮古島(市スポーツ観光交流拠点施設)の隣接地に、宮古島最大級の大型ショッピングセンターを新設するもの。スポーツ施設のほか、宮古島空港も近くに位置していることから、自治体と周辺地域等が連携した新たなショッピングエリアの形成が期待されている。なお、トライアスロンなどイベント開催時には、ドームの臨時駐車場として活用する予定。ドームと合わせて総駐車台数は1,492台となる。