トップページへ戻る
2019年6月18日(火)
★第5研究棟新営工事をプロポ公告
設計・施工一括 10月にも選定−OIST
 沖縄科学技術大学院大学学園(OIST)は17日、第5研究棟の新営その他工事に係る公募型プロポーザル手続きを開始した。工事は、テクニカル・デザインビルド方式(技術提案・交渉方式)で、設計・施工一括で発注される。参加申請書等を7月9日、技術提案書を9月6日まで受け付けたあと、ヒアリング審査を17日と18日(予定)に実施し、優先交渉権者を10月7日に選定、10月下旬から11月頃に契約締結する。
 資格要件は、単体又は2〜3社JVで、建築一式工事の総合評定値(P)が1,000点以上など。単体とJV代表者には延面積4,000岼幣紊凌訓跳築工事及び設計、施工一括の実績、代表者以外の構成員には同一の新営建築工事の施工実績を求める。工事対象は、第5研究棟の構造・設備設計と本体建築及び電気・機械設備工事一括と昇降機を含む。
 第5研究棟の規模は、敷地面積約65万屬法■劭誕・地下2階地上4階建て・延床面積約15,000屬如研究施設や動物実験施設、その他付帯施設を配置する計画。工期は2022年9月30日まで。工事の参考額は約81億円を見込む。基本設計は(株)久米設計・プラナス(株)JVが担当。(2019/6/24更新)