トップページへ戻る
2019年10月10日(木)
★基本計画・設計業務を30日開札
宜野湾警察署建替計画を一般競争公示−県警察本部
 県警察本部は、老朽化に対応するため、宜野湾警察署の建て替えを計画、4日付で新庁舎基本計画及び基本設計業務を一般競争入札公告した。申請書等を24日まで受け付けたあと、30日に開札する。資格要件は3社構成JVの自主結成で、代表者には2009年4月1日以降に履行完了した延床面積3,000岼幣紊侶築設計業務の実績を求めている。また、構成員のうち1者は設備設計事務所であることなど。履行期間は20年3月25日まで。
 宜野湾警察署(宜野湾市真志喜2-1-3)は、築後40年が経過し老朽化が進んでいることから、現在地に建て替える。敷地面積は4,754屐■劭誕っ肋紕干地下1階建て・延床面積4,000〜4,300崢度を想定。業務では、現庁舎の現状や課題、新庁舎の整備方針や与条件の整理、新庁舎の配置や規模、概算事業費等の検討などを行い基本計画を策定した上で、基本設計業務を取りまとめる。
 また、新庁舎建設工事期間中は、現庁舎近隣に仮設庁舎を建てる計画で、想定する敷地面積は約4,000屐延床面積約2,000峙模。今回の業務の中で仮設庁舎の基本計画及び実施設計を取りまとめるほか、既設施設等の解体設計も実施する(既設警察庁舎:RC/3F+塔屋・延床2,527屐⊆峺謀錙RC/平屋建て・196屬覆)。
 整備スケジュールでは、今回の業務完了後、20年度で実施設計、21年度に仮設庁舎に引っ越したあと解体工事に着手、22年度で本体工事を順次発注して24年度内の完成を目指す。