トップページへ戻る
2020年1月20日(月)
★隊舎設計は泉創建が1.9億円余で落札
ハンセン移転施設新設整備−沖縄防衛局
 沖縄防衛局は17日、12月13日に開札したハンセン(R元)隊舎(4009)等新設建築設計と同設備設計、同保安施設(4025)等新設土木設計の一般競争入札結果を公表、隊舎建築設計は(株)泉創建エンジニアリングが1億9,700万円で、同設備設計は(株)産研設計が1億2,100万円で、また、保安施設土木設計は(株)長大が1億700万円でそれぞれ落札した。隊舎建築と設備設計の履行期限は2020年9月30日まで、保安施設土木が21年3月31日まで。
 隊舎設計は、隊舎本体(RC6F/延床面積約15,800屐滷嚇)、東屋、自転車置場・機器洗浄場・乾燥場(各3棟)、消火ポンプ室、立体駐車場本体(RC4F/同約14,000)と変電設備置場、消防署施設本体(RC2F/同約2,400)と発電機室、消火ポンプ室、自転車置場、保安施設の警衛所(RC1F/同約220)、ゲートハウス、屋根付検査場2棟、監視所などが対象。また、保安施設土木設計では、隊舎施設等の付帯土木設計に加え、橋梁等の新設設計(橋梁等3カ所、擁壁等補強土壁)、道路L=約1,840m・W=約10m、幹線道路L=約600m・W=約10mの実施設計を行う。
 これら施設は「沖縄における在日米軍施設・区域に関する統合計画」に基づき返還される基地から移設するもの。キャンプ・ハンセンには、キャンプ瑞慶覧のインダストリアル・コリドーやキャンプ・フォスター、キャンプ・キンザーにある隊舎などの施設が移設される計画で、18年5月の日米合同委員会で合意した移転に関するマスタープランでは、宿舎等の施設約100棟の配置が明記されている。
 
■その他のトピックス
●用地調査を興洋エンジニアが落札
 奥間の地すべり対策 - 中部土木事務所
●来年度の用地調査技術業務を公告
 北谷拡幅など対象 - 南部国道事務所
●建築1工区は良和組JVが落札
 多機能観光支援施設新築 - 本部町
●一般競争を公示
  - 名護防衛事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 沖縄科学技術大学院大学学園
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争 2件を公示
  - 県中部土木事務所
関連記事あり
●一般競争・総合評価を公示
  - 総合事務局南部国道事務所
関連記事あり
●簡易公募型プロポ など 3件を公示
  - 総合事務局那覇港湾・空港整備事務所
関連記事あり
●簡易公募型 など 3件を公示
  - 総合事務局北部ダム統合管理事務所
関連記事あり
●エリアエキスパート選定 など 2件を公示
  - 総合事務局総務部
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 沖縄防衛局
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 大阪航空局那覇空港事務所
関連記事あり