トップページへ戻る
2020年2月17日(月)
★シュワブ体育館など5施設整備へ
弾薬庫消防署も承認−日米合同委員会
 日米合同委員会は14日、キャンプ・シュワブ及び辺野古弾薬庫への施設整備に係る事業実施を承認した。新たに整備する施設は、体育館や集会所、食堂、駐車場、消防署など5施設と、これに附帯する施設。併せて既存施設解体工事などを実施する。今回、承認された施設は、2006年5月の「再編の実施のための日米ロードマップ」に盛り込まれたキャンプ・シュワブの施設再編成に伴い、整備が必要とされているもの。
 このほか、整備が完了した下士官宿舎等施設の合衆国政府への提供も合意した。新たに整備する施設は次の通り。

【キャンプ・シュワブ】
△体育館:本体建物(RC造2階建1棟約7,000)、プール(RC造1面約2,000)、東屋(RC造平屋建1棟約200)、自転車置場(RC造平屋建1棟約30)、リサイクル・ごみ置場(RC造平屋建1棟約20)、倉庫(RC造平屋建1棟約20)、ユーティリティ等一式
△集会所:本体建物(RC造平屋建1棟約2,000)、発電機・消火ポンプ室(RC造平屋建1棟約90 )、リサイクル・ごみ置場(RC造平屋建1棟約20) 、自転車置場(RC造平屋建1棟約30)、ユーティリティ等一式
△食堂:本体建物(RC造平屋建1棟約5,000)、発電機室(RC造平屋建1棟約200)、消火ポンプ室(RC造平屋建1棟約60)、リサイクル・ごみ置場(RC造平屋建1棟約20)、自転車置場(RC造平屋建2棟約50)、ユーティリティ等一式
△駐車場:ユーティリティ等一式

【辺野古弾薬庫】
△消防署:本体建物(RC造2階建1棟約3,000)、発電機室(RC造平屋建1棟約60)、消火ポンプ室(RC造平屋建1棟約30)、リサイクル・ごみ置場(RC造平屋建1棟約20)、自転車置場(RC造平屋建1棟約20)、ユーティリティ等一式、 解体工事一式