トップページへ戻る
2020年3月31日(火)
★ホテル事業者など4グループが応募
21街区(駅南側)事業者募集−てだこ浦西駅区整組合
 浦添市てだこ浦西駅周辺土地区画整理組合は、21街区用地(保留地)の事業者募集で、27日までに4グループが企画提案書を提出したことを明らかにした。いずれもホテル事業者が含まれ、ホテル単体やホテル機能を含む複合施設の提案となっている。組合では、4月下旬にプレゼン審査を経て優先交渉権者を内定し、6月上旬に結果を通知する予定で準備を進めているが、新型コロナウイルスの影響でプレゼン審査時期等を変更する可能性もあるとしている。
 21街区は、沖縄都市モノレールてだこ浦西駅前の南側に位置し、敷地面積が約10,000(隣接する仮換地も含めた一体的な開発が可能な場合は最大約15,000)。用途地域は商業地域で建ぺい率80%、容積率400%。建築物の高さ制限は標高140m。対象施設は、宿泊施設を併設した観光拠点施設や文化性・エンターテインメント性を備えた複合施設などで、マンション建設も可能となっている。契約要件では、保留地全体購入による一体的な開発をはじめ、保留地引き渡しから20カ月以内の着工などが定められている。
 てだこ浦西駅周辺地域では21街区開発のほか、住友商事(株)とイオン琉球(株)による商業施設(2022年春開店予定)、みのり学園の幼稚園等複合施設(23年4月開校予定)、フィットネスクラブ(21年度内開業目標)などが計画されている。
 
■その他のトピックス
●国建・美音・環境設計国建JVを特定
 新庁舎基本設計プロポ - 大宜味村
●来年度から優良建設業者等表彰を実施
 土木・水道など4部門が対象 - 県企業局
●一般競争・総合評価 2件を公示
  - 総合事務局国営沖縄記念公園事務所
関連記事あり
●一般競争 2件を公示
  - 第11管区海上保安本部
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 県教育庁
関連記事あり
●一般競争(事後(自己評価))・総合評価・ICT施工者希望型 6件を公示
  - 県宮古農林水産振興センター農林水産整備課
関連記事あり
●公募型を公示
  - 名護市都市計画課
関連記事あり
●公募型を公示
  - 名護市建設土木課
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 第11管区海上保安本部
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 県教育庁
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価 2件を公示
  - 県南部農林土木事務所
関連記事あり
●一般競争(事前)を公示
  - 県宮古土木事務所
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価を公示
  - 県宮古農林水産振興センター農林水産整備課
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価を公示
  - 県八重山農林水産振興センター農林水産整備課
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 大阪航空局
関連記事あり