トップページへ戻る
2021年4月2日(金)
★21年度は工事311件、業務364件を予定
上半期に8割以上の発注計画−県土木建築部
 県土木建築部は1日、2021年度の工事と委託業務の発注見通しを公表した。工事の発注予定件数は311件で、20年度同期に比べ46件減少した。入札方式は、一般競争が107件で最も多く、次いで特別簡易型総合評価が102件、指名競争57件、簡易型儀秦躪臧床31件、簡易型況秦躪臧床11件、随意契約3件となっている。
 同部は、第2四半期に全体の5割にあたる154件を集中的に発注。第1四半期の99件も合わせると上半期で予定の8割を入札執行する見通し。
 課別の件数は、道路街路課39件、道路管理課56件、施設建築課73件、港湾課26件、空港課13件、海岸防災課21件、下水道課30件、河川課33件、都市公園課18件、都市計画・モノレール課2件。
 主な発注予定工事は、玉城青少年の家改築工事(体育館棟)と同改築工事(宿泊棟)、宜野湾高校校舎改築工事(第2期)、高原団地(第1期)、平良北団地(第1期)、新川団地(第3期)、赤道団地(第1期)など。
 一方、業務は364件を発注予定で、20年度同期より23件増加した。発注方式は、一般競争79件、総合評価46件、指名競争229件、随意契約9件。上半期で全体の8割以上の318件を発注予定。課別では道路街路課が108件で最も多く、次いで道路管理課59件、河川課53件などとなっている。
 主な業務は、土木コンサルが南部東道路関連のJCT橋梁詳細設計や沖縄環状線橋梁予備設計など。建築コンサルは、石川高校改築工事基本設計、普天間高校改築工事(普通教室棟)実施設計、県営団地で牧港団地建替(第1期)、松川団地建替(第1期)、赤道団地建替(第2期)などが予定されている。
 
■その他のトピックス
●中城湾港-11m泊地浚渫2工事を公告
 WTOで7月5日開札 - 沖総局開建部
●パシコンと1240万円で契約
 新石川・第二調理場計画策定 - うるま市
●一般競争・総合評価・一括審査方式(WTO対象)を公示
  - 総合事務局開発建設部
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 日本銀行
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 沖縄科学技術大学院大学学園
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 県教育庁
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県下水道事務所
関連記事あり
●公募型を公示
  - 宜野湾市土木課
関連記事あり
●一般競争・総合評価を公示
  - 総合事務局南部国道事務所
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 県教育庁
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県環境部
関連記事あり
●一般競争(事前)・価格競争を公示
  - 県八重山土木事務所
関連記事あり
●公募型 2件を公示
  - 宜野湾市用地課
関連記事あり
●企画提案を公示
  - 総合事務局農林水産部
関連記事あり
●一般競争 3件を公示
  - 大阪航空局那覇空港事務所
関連記事あり