トップページへ戻る
2021年6月11日(金)
★マリンタウン公有地活用に民活導入
Park-PFIやスポーツ施設など想定−与那原町
 与那原町は、マリンタウン地区内公有地の活用事業で民間活力(PPP/PFI)の導入方針を決定した。事業は、地区内の町有地と県町村土地開発公社与那原支社所有地の有効活用による地域経済活性化等を目的に行うもの。
 計画では、与那古浜公園(4万1,637)にPark-PFI、東浜野球場(2万2,754)にスポーツ関連施設、東浜107番地駐車場(2,121)に宿泊施設(ホテルなど)の誘致を想定。昨年度行った民間活力導入可能性調査での事業スキーム検討や財政シミュレーション、サウンディング調査結果を踏まえて有効性が判断された。
 今後、民間事業者や地域住民と更なる意見交換を重ねて活用方針を具体化し、事業者募集に向けた作業を進める。
 町では、事業実施によって大型MICE施設計画や与那原バイパスとの連携方策、新型コロナウイルス感染症による新しい生活様式に対応した地域産業育成などの効果を期待している。PPP/PFI導入可能性調査委託業務はEY新日本有限責任監査法人が担当した。