トップページへ戻る
2023年1月19日(木)
★高原団地2期実施設計を3月にも公告
戸数102戸で来年度本体着工予定−県土木建築部
 県土木建築部では、県営高原団地建替の第2期実施設計を3月にも一般競争公告予定で準備を進めている。2024年度着工予定となっている住宅棟の詳細設計を行うもので、同部では設計経費の繰越承認に向けた手続きなどを経て、具体的な発注準備を進める方針。
 入札の参加要件は、建築コンサルの建築一般2社と暖冷房・衛生・電気など設備設計1社を含む3社構成JVで調整。履行期間は9カ月程度を見込んでいる。
 第2期工事では、RC造12階建て102戸の住宅棟を建設する計画。実施設計の完了を経て、2024年度にも本体工事に着手予定。
 沖縄市の高原団地は、築40年以上が経過し、躯体や設備などの劣化が著しく住機能の低下などが指摘されている。同部では、住宅棟の建替により入居者の安全確保と居住環境向上を図る。計画では、既存住宅棟14棟を3棟に集約して建替することにしている。
 
■その他のトピックス
●濱設計が多目的広場設計を落札
 具志川運動公園に整備 - うるま市
●道路改良と橋梁下部工を来月公告
 南部東道路関連工事 - 南部土木事務所
●一般競争を公示
  - 県動物愛護管理センター
関連記事あり
●一般競争・総合評価を公示
  - 総合事務局開発建設部
関連記事あり
●一般競争 2件を公示
  - 陸上自衛隊那覇駐屯地
関連記事あり