トップページへ戻る
2023年2月1日(水)
★新真和志複合施設DBOを4月公募へ
来月下旬にもPFI特定事業として選定−那覇市
 那覇市は、市寄宮の旧市民会館跡地に計画している新真和志複合施設建設事業のPFI法に基づく特定事業の選定を3月下旬にも行う予定で準備を進めている。市では1月31日に実施方針案と要求水準書案に関する1回目の質問意見回答と個別対応結果を公表。2回目の質問も今後受け付ける。順調にいけば4月上旬頃を目途に公募手続きを開始し、11月の事業者選定を目指す。
 同事業は、施設の設計・建設、工事監理業務、施設維持管理業務を一括して行うDBO方式を採用。年内の基本協定を受けて2024年1月に仮契約を交わし、議会承認後、同年3月に本契約を締結する。全体の事業期間は47年3月末日まで。落札者は仮契約までに市内でSPC(特別目的会社)を設立することとしている。
 施設は本棟と分棟で構成。本棟は真和志支所や中央公民館、中央図書館など7つの公共施設が入居し、全体面積約5,000屬鯀枋蝓J棟は、民間の駐車場事業(公共施設用73台分含む)、カーシェアリング事業の2事業を必須とした上で、任意事業も実施可能。敷地面積は約8,679屐K榲鐇鞍は27年9月末の工事完了、同年12月1日の供用開始を予定している。
 入札参加要件は、市の入札参加資格者で構成する企業グループ。設計、建設、工事監理、維持管理の各当該業務において11年度以降に延べ面積5,000岼幣紊慮共施設(新築、改築)の完了実績を求める。このうち建設に関しては、市内に本店を置くA等級の建築工事業1社以上と、電気工事業または管工事業いずれか1社以上を参加させることが条件。民間収益事業者については、事業提案内容と同等規模かそれ以上の業務実績を求めている。
 基本計画・事業手法決定支援業務、発注者支援業務は(株)建設技術研究所が担当している。
 
■その他のトピックス
●農業機械実習施設建築工事を公告
 建築特A対象で24日開札 - 県土建部
●建築は照屋土建JVが13億余で落札
 スポーツ観光交流拠点施設建設 - 糸満市
●一般競争(事後)・価格競争・CCUS活用を公示
  - 県土木建築部
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争・CCUS活用 2件を公示
  - 県下水道事務所
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市道路管理課
関連記事あり
●企画競争を公示
  - 総合事務局北部国道事務所
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価 4件を公示
  - 県宮古土木事務所
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価 2件を公示
  - 県八重山土木事務所
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市上下水道局
関連記事あり
●オープンカウンタを公示
  - 総合事務局総務部
関連記事あり
●一般競争 2件を公示
  - 総合事務局国営沖縄記念公園事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 那覇地方検察庁
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県立八重山病院
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県立宮古病院
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県立南部医療センター・こども医療センター
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県立中部病院
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県立北部病院
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市上下水道局
関連記事あり