トップページへ戻る
2024年4月19日(金)
★老人ホームかふうの移転計画に開発許可
県道82号線沿線の向かい側敷地に新施設整備へ−徳洲会
 医療法人徳洲会(大阪府、東上震一理事長)は、八重瀬町で運営する老人ホーム「徳洲会かふう」を移転新築する計画を進めている。県に申請していた開発計画が3月27日に許可され、今後、建築確認など工事に向けた作業が本格化する見通し。
 計画地は、現施設から県道82号線・那覇糸満線を跨いだファミリーマート八重瀬外間店付近(八重瀬町外間後原88-5など)の敷地1万6,753屐1万2,772屬鯒醒賄祥僂垢襦B量は(株)武蔵測量設計が担当。
 現施設は、1979年に南部徳洲会病院として建設。2010年の新病院棟建設と合わせて改修を行い、翌年から老人ホームとして運用開始している。建物は、RC造7階建て延床面積1万2,645峙模。1階にエントランスや事務室、厨房、居宅介護支援事業所、保育園などがあり、2〜5階に有料老人ホーム(個室146室、夫婦室6室)、6階にレクリエーションルームなどが設置されている。敷地面積は1万2,867屐
 徳洲会の担当者は取材に対し、現時点でのコメントは控えると回答した。
 
■その他のトピックス
●最初沈殿池の設備工事2件を公告
 那覇浄化センターの機能強化 - 県土建部
●し尿処理施設を来月10日開札
 25年度に供用開始予定 - 恩納村
●オリエンタルコンサルタンツと契約
 北谷町美浜の交通結節点強化事業 -
●一般競争・総合評価・BIM/CIM指定型を公示
  - 総合事務局北部国道事務所
関連記事あり
●一般競争・総合評価を公示
  - 琉球大学施設運営部
関連記事あり
●一般競争(事後)・総合評価・CCUS・BIM/CIM希望型 2件を公示
  - 県土木建築部
関連記事あり
●公募型を公示
  - 名護市教育委員会
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 県教育庁
関連記事あり